産後の肌荒れに悩む女性は多いようです。

そして、その肌荒れの仕方は皆同じではありません。

かなり重症になる人もいれば、

 

「少し荒れてるかな」

 

程度で終わる人もいます。

そして、妊娠中にもトラブルに見舞われる人は多いですよね。

そういう、妊娠中や産後の肌がデリケートな時期に、マナラのモイストウォッシュゲルを使ってもよいのでしょうか。

成分や添加物も気になるところです。

 

そこで、マナラモイストウォッシュゲルを妊娠中や授乳中に使ってもよいのか、安全性は大丈夫なのかについてまとめてみました。

 

妊娠中・授乳中の肌ケアの注意点とは!?

産後はどうしてそこまで肌トラブルが起こりやすくなってしまうのでしょうか。

それはホルモンバランスの影響によるからです。

ホルモンバランスが乱れることにより、かさつきやニキビ、かゆみや湿疹が現れることがあります。

 

また、それまで問題がなかった人でも乾燥肌に悩むようになったという人もいます。

このようにさまざまな形で現れる肌トラブルですが、その症状や程度には個人差が出て来ます。

妊娠前すでに肌トラブルが起きている場合は、産後はますますその症状がひどくなる傾向にあります。

 

そして、何より恐ろしいのは、妊娠や出産をきっかけに、突然肌質が変わってしまうということ

そうなるとこれまで何の問題もなく使えていたスキンケア製品や化粧品、シャンプーなどが急に合わなくなってしまうのです。

ましてや産後は赤ちゃんのお世話に忙しい時、なかなか自分に気を配るということはできませんよね。

 

それでも、出来る限り自分の肌をいたわってあげましょう。

肌荒れしやすくて当たり前だと思って、刺激の少ない化粧品を使用するようにしてください。

そして、注力すべきことは保湿です。

 

まずはしっかりと肌を保湿するようにしましょう。

次に気を付けてほしいのは紫外線です。

弱っている肌に、紫外線はダイレクトに悪影響を及ぼします。

 

外出時はしっかり日焼け止めを塗っているという人でも、室内では気を緩めがちです。

室内にいる時にも日焼け対策をする必要はあるのですが、日焼け止めの成分が肌に悪影響を及ぼすこともあります。

出来る限り紫外線を避けるようにすることが、第一の自衛策といえると思います。

肌への刺激という点でいえば、界面活性剤などが配合されているスキンケア製品には要注意です。

 

ただでさえ敏感になっている肌に刺激を与えることになってしまいます。

強い刺激を受けて、肌荒れが悪化する可能性は非常に高いので、なるべく避けた方が無難です。

もちろん、化粧品の成分や添加物が肌から入り込んで母乳まで届くということはありませんが、出来る限り無添加の方が精神的にも安心できますね。

 

マナラモイストウォッシュゲルは妊娠中・授乳中でも使用できるの!?

それでは、マナラモイストウォッシュゲルを妊娠中や授乳中に使ってもよいのでしょうか。

マナラモイストウォッシュゲルは肌に優しい成分を使用しています。

成分へのこだわりと無添加排除の徹底ぶりは安心に値するものです。

 

それでも、成分が合う合わないはかなり個人差があります。

人それぞれ変わってくるので、妊娠中・授乳中には肌の様子を確認しながら使用していきましょう。

もし肌荒れしてしまった場合には、しばらく使わないで様子を見てください。

落ち着いてきたら改めて使用して、調子を確認してみてくださいね。

 

7つの無添加で本当に安心?

マナラでは、7つの無添加にこだわっています。

この

 

「7つ」

 

とは、何のことなのでしょうか。

詳しく説明していきますね。

 

着色料・合成香料

着色料や合成香料を使用する目的は、製品の見た目をよくするためや、爽やかな香りを演出することにあります。

そのほとんどが石油や石炭から合成されているのですが、皮膚障害やアレルギーを引き起こすとして問題になっています。

そして、発がん性も懸念されているので、その使用には注意が必要です。

 

鉱物油

鉱物油とは石油を原料としており、それを生成して作ります。

ワセリンもその一種です。

肌を外部刺激から守る役割を担っています。

ただ、その反面、肌を保護する効果に優れている効果が裏目に出て、過剰に保護すると毛穴が詰まってしまいます。

そうなると肌トラブルの原因となってしまい、もろ刃の剣とも言えますね。

 

石油系界面活性剤

シャンプーなどにも多く配合されている成分です。

水分と油分をなじませる力があります。

また、これを配合すると洗浄力が高まるので重宝されてきました。

ただし、たんぱく質を溶かしてしまうので、角質層を破壊します。

肌のバリア機能に悪影響を与えるため、その使用が懸念されるようになりました。

 

エタノール・パラベン

化粧品に広く配合されているのは、殺菌作用を持つからです。

そのおかげで防腐効果を得られます。

ただ、アレルギーやしみ、しわを誘発する恐れがあります。

 

紫外線吸収剤

紫外線を吸収することで、UV対策を行います。

その点では有効なのですが、含まれている成分に問題があります。

パラアミノ安息香酸エステル、オキシベンソン等がアレルギーを起こす原因になる可能性が高いのです。

 

ここに挙げたものが

 

「7つ」

 

に当たります。

マナラでは、これら7つの添加物を使用していません。

ちなみに、全くの無添加というわけではありません。

例えば、防腐剤として、フェノキシエタノールやグレープフルーツエキスは使用されています。

でも、心配はご無用です。

 

フェノキシエタノールは安全性が高いことで知られています。

また、DPGやBGと一緒に使用することで、フェノキシエタノール自体の配合量は微量で済みます。

よって、これらが添加物であっても、恐れる必要はありません。

 

フェキシエタノールってエタノールじゃないの?

フェノキシエタノールとエタノールとは全く別のものです。

フェノキシエタノールは防腐剤の一種です。

エタノールのように肌に乾燥をもたらすことはほとんどありません。

そして、フェノキシエタノールの配合成分は1%未満なので微量ですね。

そもそも、日本では、どの成分をどれくらいまで使用してよいのかが薬事法によりきちんと取り決められており、添加物といっても、必要以上に心配することはありません。

 

確かにその危険性を知っておくことは大切ですし、使わないのであればそれに越したことはないというのは事実です。

それでも、合成の成分を適切に適量使用している化粧品の方が安全性が高いという専門家の意見もあるくらいですし、必ずしも

 

添加物は全て悪!

 

とは言い切れないですね

 

マナラモイストウォッシュゲルの匂いは妊娠中でも気にならない?

妊娠中に使える化粧品が限られる理由、それは匂いに敏感になるからだとも言えます。

これまでどんなに好きな香りであっても、シャンプーや芳香剤、洗剤に至るまで、嗅ぐだけで気分が悪くなるという状態に陥ることがあります。

 

スキンケア商品に至っては、鼻に近い分、よりにおいを感じてしまいますよね。

つわりがひどいときにはどんな化粧品も顔に使えない…ということも起こりうるわけです。

そこで、マナラのモイストウォッシュゲルはどうなのでしょうか。

実は、多くの先輩ママから高い支持を得ています。

 

モイストウォッシュゲルの香りは、柑橘系の香りです。

妊婦さんにリラックスできる香りを調査したら、8割の妊婦さんが

 

「適度に酸味を感じられるすっきりした柑橘系が良い」

 

と回答したという結果があります。

レモンやグレープフルーツのような香りであれば、受け入れやすいし、リフレッシュできるとのことです。

爽やかな香りで気分を上げていきたですよね。

また、モイストウォッシュゲルの場合、100%天然製油から抽出しているところも大きなポイントです。

合成香料でないので、安心感が違いますよね。

 

まとめ

妊娠中・授乳中には、身体に悪い可能性のあるものを排除したくなるものですが、マナラのモイストウォッシュゲルであれば、7つの無添加にこだわっており、安心です。

また、100%天然のアロマであるグレープフルーツの香りも、妊娠中でも受け入れやすく、リラックスできると評判です。

汚れはしっかり落とすのに乾燥させないというのも魅力的ですし、なによりお手入れが簡単にできるというのが妊娠期・授乳期にはありがたいポイントです。

 

今なら20%オフで買えますし、しかも2本以上だったら送料無料というキャンペーンを行っています。

45日間の全額返金保証もついていますので、敏感肌に傾きがちなこの時期にも安心して注文できますね!

先輩ママおすすめのマナラモイストウォッシュゲルをぜひ使ってみてくださいね。